Home » 馬肉の魅力

馬肉の魅力

馬肉の安全性

狂牛病や口蹄疫などは偶蹄類の病気で、奇蹄類の馬はそれらの病気にかかりません。

また、抗原度が非常に低く、アレルギーは起きにくい等、馬肉は最も安心・安全な食肉と言えます。

■馬は狂牛病(牛海綿状脳症・BSE)や口蹄疫にはなりません。それらの病気は、蹄が偶数の偶蹄類に属した動物の病気だからです。

■0-157や0-111などは、牛・羊・鹿などの反芻動物の腸内に生息し、反芻しない馬の腸内には生息していません。

■馬の内臓は、体の大きさに対して小さく抗生物質やホルモン剤等の薬品を与える事があまりできない為、馬肉は健全でクリーンなお肉と言えます。

 

■馬は食してもアレルギーを起こしにくい食肉です。牛・豚・鶏肉と違い、厚生労働省のアレルギー特定原材料食品に指定されていません。

 

■冷凍処理(中心温度で-20℃で48時間・-30℃で36時間・-40℃で18時間)を行えば馬肉に住み着くザルコシスティスフェアリーによる嘔吐腹痛を防げます。

健康お肉

赤身部分の豊富なタンパク質には、ペプチドという成分が含まれており、血圧降下や毒消し作用があります。

脂成分には、人の体内では作ることの出来ない善玉コレステロール不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。

栄養価

馬肉のカロリーは、牛肉の“約3分の1”と低カロリー!!

その上、低脂肪・高タンパク・鉄分豊富・グリコーゲン豊富と、正に現代人の身体に嬉しいこと尽くしのお肉なんです!

 

馬肉の素敵な栄養価(100gあたり)
成分 馬肉 牛肉 豚肉
カロリー kcal 100 297 202
脂肪 g 2.5 23.3 12.8
鉄分 g 4.3 1.3 1.1
タンパク質 g 20.1 18.4 18.4
グリコーゲン mg 2290 674 432
■馬肉は、牛肉の約1/3・豚肉の約1/2と、カロリーがとても低いです。
■馬肉の脂肪分には、人の体内では造ることの出来ない善玉コレステロールの不飽和脂肪酸(リノレン酸・オレイン酸)が多く含まれており、これらの酸は必須脂肪酸と言われ、コレステロール値を下げたり血液循環を良くしたりします。その上、体内に留まらず血管にも付着しません。不飽和脂肪酸ですので、融点も低く、食べた時に口の中で溶けてしまいます。いくら食べても胸焼けがしません。
■馬肉の豊富なタンパク質にはペプチドが多く含まれ、ペプチドには保温効果があり血管を拡げる為、血圧を下げたり毒消しの効果があります。
■馬肉はミネラル類も豊富で、カルシウムは牛肉・豚肉の3倍、鉄分はほうれん草・ひじきより多く含まれています。
■馬肉に含まれている鉄分の種類はヘム鉄と呼ばれ、身体に吸収されやすい特徴があります。
■馬肉は、グリコーゲン(容易にブドウ糖に変化する人間のエネルギー源で甘味の元)が牛肉の約3倍も多く含まれており、即効性のエネルギー源ですので、運動前やダイエットにも最適なお肉と言えます。

■特に馬肉を昔から食べる文化のあるフランスでは、アスリートやモデルが好んで馬肉を食べたり、お医者様が患者さんに馬肉を薦めたりしています。
日本でも、昔から薬膳料理として親しまれている文化があります。

Copyright(c) 2016 NTCデリバ All Rights Reserved.